メインイメージ画像

医療の事務の仕事は受付業務から秘書的役割まで様々です

医療機関では色々な方が働いています。医療機関において事務を担当している方と言えば、病院の受付をする人を思い浮かべるでしょう。医療事務については、診察の受付の他にも、保険証の情報を入力したり、カルテを作成したり、院内案内をする事が業務内容です。患者が来院した際に最初に応対するのが受付を行う事務員ですので、病院の顔としての役割もあると言えます。診療報酬点数表と言われる資料を参考にしながら、現実的に行われた診療情報と合わせて医療費を計上し、患者に自己負担分の額の支払いをしてもらうのがメインの業務です。

近頃では、原則として業務のオンライン化が義務化されていますので、正確な金額を算定する為に医療事務のプロフェッショナルな知識の他にも、パソコンスキルが必要になります。

病院は、毎月決まった診療報酬明細書を作成して、審査支払機関に提出をしなければなりません。審査支払機関では、提出された明細書が正確かどうかの点検を行い、問題が存在しなければ保険者に診療報酬請求を行います。病院の収入というのは大半が診療費です。患者さんに診療報酬を請求するための事務的作業は、あらゆる病院で行われる定型業務です。

レセプトの作成や患者の対応だけではなく、医師や看護師の仕事のサポート業務も事務員の仕事です。大きな病院になると、そういった秘書的な事務員は医療事務スキルの他に秘書業務スキルも兼ね備えた、医療秘書という位置づけとなる場合もあります。普通の秘書とは違い、医療知識が欠かせない秘書が医療秘書です。医療機関で関わる事務の仕事は、専門的な知識が必要です。

資格がなくても就職できますが、即戦力を求められますので、医療事務の資格を取得した方が仕事に就くには有利ですし、資格の有無が給料へ反映される事もあります。

病院というのは全国各地にありますので、どこにいても働き場があるのが医療事務です。そして、患者さんと接触する機会も多い事務員は、病院を助ける大切な存在です。医療の現場を支えている大事な仕事であると言ってもよいでしょう。